So-net無料ブログ作成

宮城・遠刈田は、遠かった?その2。 [旅のこと]

一昨日・昨日とお休みしちゃいました。
旅行記ほったらかして何をしていたかと申しますと、
都内で女子ランチを楽しんでおりました。。。
一昨日はお台場界隈・昨日は銀座~日比谷ってな感じです。
きらびやか?
いやいや、これがしょっちゅうならそうかもしれませんが、
なにせこっちにトモダチ少ないもんで1シーズンに2~3回あるかないか。
今ぐらいに会っておかないと年末年始でバタバタしちゃうし、
冬の間はきっと動かないに違いない。。。ってことでのブッキングでした。
くまひこさんが連続で飲み会だったこともあり、
心置きなく2連チャンできましたねぇ。
特に一昨日は夕方から映画を観たので21時近くに帰宅。
主婦にとっての夜帰りは、だんなさんにとっての朝帰り的な感覚です。
心地よい疲れに任せて先に寝ちゃってましたが、
どうやらくまひこさんは連日午前様だったようで。。。
遅かったわりに、酒量をセーブしてたのか翌朝ちゃんと起きてたのは立派!
って平日だもん、当たり前のことですけどね~。
そんなこんなで、天気のせいもあって立ち上がりは重かった今週は、
楽しい時間と小春日和と共に終われそうです。

鮮度が落ちないうちにここ2日間の話を。。。とも思ったのですが、
旅話の続きを書かないことには、ですよね。
遠刈田(とおがった)温泉で泊まった宿、
「旬菜湯宿 大忠(だいちゅう)」を紹介いたします。
くまひこさんと同じ名字になって初めての夏帰省の途中に宿泊したことがあり、
今回が2度目の宿泊でした。
全9室の小さな旅館なのですが、そういう旅館の良さを初めて認識したのがココ。
お部屋・料理・温泉・もてなし、すべてが気に入って。。。
ハハに薦めたところしばらくしてから泊まりに行き、やっぱり気に入って。
2人で温泉に行くにあたり、リクエストを聞いたら「大忠!」と即答。
「大忠だったら、おかあさんが頑張って運転するから~」と。
けして運転は得意じゃないのに、それでも行きたいんだねぇ。
客室数が少ないので、けして予約はとりやすくないのですが、
10月13日(体育の日)だったからOKだったのかも。料金も平日料金だったし!
まあ、とにかく写真をご覧くださいませ。
2008111118.JPG2008111119.JPG
左:外観。公営の「神の湯」の手前、温泉街の入り口近くにあります。
右:エントランス。道路に面しているのですが、うまく目隠しがされています。
2008111201.JPG2008111202.JPG
左:館内図。1Fにお食事処・売店・お風呂。客室は2Fにあります。
マチナカなので眺望はけしてよくありません。
右:2Fの廊下。床は全館「タタミ」が敷かれています。
調度品は和とアジアンがうまく融合した感じ。
2008111203.JPG2008111204.JPG
左:2Fのライブラリーコーナー。おしゃれ系旅雑誌が充実してました。
1FのロビーではDVDを借りることができます。
右:私たちが宿泊した客室「いわひば」。トイレと洗面台が付いています。
大型マッサージチェアはもちろん無料。前回はありませんでした。
2008111205.JPG2008111206.JPG
左:テレビは液晶。DVDデッキ付き。
金庫の隣の小引き出しには裁縫セットや頭痛薬・胃腸薬などが入っています。
右:「おもてなしキャンペーン」中ということで、地元産のナシをいただきました。
おざなりな菓子じゃないところがいいですね~。
2008111207.JPG2008111208.JPG
左:ゴロ寝用のマット。三角部分は背もたれになります。
ゾウさんの絵が描いてありました。ウチにも欲しい。。。
右:夕食から戻ると、お部屋にデニッシュの差し入れが!
これも前回はなかったサービスでした。母娘で大感激。

いかがでしょうか?
古めの旅館はニオイが気になったりするものですが、
全く文句をつけるところがないのです。
空気清浄機能のついた加湿器があったせいで、喉も痛みませんでした。
お風呂で使ったタオルなどをかけるハンガーも、
バスタオルがゆったり干せるぐらいの大きさだったし。。。
おふとんは夕食の間に敷いておいてくれるし、
朝食を食べて戻って来てもそのまんま。
仲居さんとのおしゃべりを楽しみにしている方には物足りないでしょうが、
とてもプライベート感を重視してくれます。
そのくせ、担当以外のスタッフが顔と名前を覚えてくれていたり。
「こんなアタシなんかを大事にしてくれてありがとう」って感じです。
スタッフは若い方が多く、作務衣姿できびきびと働いていました。
おかみさんですら着物やスーツではなく、作務衣を着ています。
そのおかみさんのセレクトなのか、
売店には地元の物産に加えて和やアジアの雑貨がたくさん。
そう、売店というより雑貨屋さんですね~。
私はハハに3匹のバリ猫を、
おとなりのキョーコさんにスティックタイプのルームフレグランスを買いました。
ハハは、私に温泉たまごを買ってくれました。
「この猫ちゃん、どこに行くにも持っていくね。大事にするね。」って、
おかあさん。。。どこに行く気ですか?どこにも行っちゃやだ。

ちょっと泣きそうになったところで、素晴らしいお料理を!
2008111209.JPG2008111210.JPG
前菜です。何が何やら。。。お献立によりますと、
 ワカサギ甘露煮 なめこおろしポン酢あえ エノキと三つ葉の梅肉あえ
 オリミキのとんぶりあえ 湯葉刺し ゆりねの茶巾マロンクリームチーズ
 イチジクと米ナスのゴマクリームがけ ミニトマトのピザ 松風
 合鴨串打ち 焼きギンナン 醍醐味豆腐ストロベリー風味
 レンコンはさみ揚げ いとくち稲荷づし エビの唐揚げ
2008111211.JPG2008111212.JPG
左:和風ポトフ。石鍋で出てきます。熱々です。
右:ニジマスのカルパッチョ。バジルソースでいただきました。
2008111213.JPG2008111214.JPG
左:焼き物は、仙台牛か海鮮焼きのどちらかが選べます。
私は海鮮焼き。バターで焼いて、オイスターソースをちょこっとかけて。
ハハは仙台牛を食べました。和牛最高ランクAのサーロインだそうで。
どちらも目を見張る美味しさでした。
右:お口直しの柚子シャーベット。
すでにここまででおなかはいっぱいに。。。でも、残すなんてありえない!
2008111215.JPG2008111216.JPG
「大忠」の名物料理、「きのことタケノコの包み揚げ」です。
半熟たまご入りの揚げ春巻ですね。この形にしたのはナイス・アイディア。
豪快に手づかみで食べるのがコツらしい。
アンケートに書いてきたけど、コレ順番としては焼き物の前が良かった気が。
2008111217.JPG2008111218.JPG
左:鮭ごはんと、仙台味噌を使ったもずくのお味噌汁。
右:デザートはパンナコッタ・抹茶アイス・いちぢく。
お食事、実はコレだけではありませんで。。。
カウンターに何品かお惣菜があるんです。これがまた美味しくて。
初めに取りすぎると、コースのお料理を残すハメになってしまう!
女性の中にはコースだけでも食べきれない方もいらしゃるんじゃないかな~。
あっ、お酒も充実してましたよ。特に日本酒。
両脇のご夫婦、どちらも「飲み比べセット」みたいなのを頼んでました。
で、コチラは朝食。
2008111219.JPG2008111220.JPG
左:ごはん3杯はいけちゃうおかずの量。自重しましたけど~。
もちろん朝もお惣菜サービスがあります。寄せ豆腐、美味しかったなぁ。
右:朝のデザートはグレープフルーツのゼリーでした。
食後にはライオン印のフレーバーコーヒーがいただけます。

このお部屋・お料理で、肝心のお風呂は?
残念ながら写真はありませんが、
全9室に対して、自由に入れる貸切風呂が2つ。。。
岩風呂と陶器の風呂、40分の時間制限はありますが、
滞在中間違いなく1回は利用できます。
大浴場は男女入替制。冬はリンゴ風呂が楽しめます。
大浴場ですら貸切に近い状態で使えるのが小さな宿の喜び。
お湯は源泉かけ流し。肌ざわりはサッパリ系かな~。
ほかほかと香ばしいにおいのする、よく温まる良いお湯です。
素晴らしいのがアメニティ類。
女性に限り、シャンプー&リンスが5種類ぐらい用意されてて、
好きなモノを使えるんですね~。
基礎化粧品もクレンジング・化粧水・乳液が完備、
マニキュアまで置いてある!
チェックインの際には浴衣を選べるし。。。至れり尽くせりです。
日帰り入浴もやってます。
一度利用すれば、間違いなく泊まりたくなると思うなぁ。

長々ひっぱってしまいましたが、
これだけのお宿がなんと!1人15750円でありました。
遠刈田ならではの良心的な価格ではないでしょうか。。。
コストパフォーマンス良すぎです。
関東圏なら2万円はするんじゃないかなぁ?
それがウケて着々と業績が伸びたのか、
同じ遠刈田温泉にオーベルジュ形式の「山風木(やまぶき)」や、
お隣の大河原町にごはん処「茶屋マンマ」を続々オープン。
すごいぞ、「大忠」。
でも、前に泊まった時に比べて敷居が高くなったかというとそうではなく、
より居心地のよい空間を作ろうとする努力のみえるお宿なのでした。
なお、コドモさんはNGとなっております。
大きくなったから連れてってもらう。。。なんてのもいいですね。
ご両親を招待するのもいいだろうし、女ともだちとまったりもいい。
U-20のカップルさんには何となく遠慮してほしい。
貸切風呂から声が聞こえたりすると、ちょっとゲンナリ。
私は、またハハと行きたいです。
だから、おかあさん。どこにも行っちゃやだよ~。

そうそう。
地震の影響で岩手・宮城方面への旅行者が減っているそうです。
大丈夫ですから!みんな住み続けてますから!
美味しいものと良いお湯がいっぱいの東北、冬も十分に満喫できますよ~。
ではでは遠刈田温泉旅行記、これにて。。。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます